男の子は大好きデカ盛りハンバーグをはじめてクッキング

男の子は大好きデカ盛りハンバーグをはじめてクッキング

スポンサーリンク

今回ははじめてハンバーグを作ってみました。

食べ盛りの男の子2人を含む4人分ですのでデカ盛りハンバーグに挑戦です。

パン粉などの食材は使いたくないので、というか、はじめてのハンバーグ調理なので、ネットで調べながら調理します。

料理名人には何の参考にもならないと思いますのでご了承ください。

今回は牛豚合いびき肉をメインに使用したいと思います。

  • 牛豚合い挽き肉1kg
  • 玉ねぎ1個
  • ナツメグ少々
  • 塩コショウ少々
  • 卵1個

材料調達&下ごしらえ

ハンバーグデカ盛りをはじめてクッキング

はじめ飴色玉ねぎを使おうと思いましたが、今回は玉ねぎをみじん切りにして使います。

ネットで調べていましたら、レンジを使うと良いという事なので簡単です。

玉ねぎ大をみじん切りにして、レンジで2~3分で良いという事でしたが、量が多かったので追加で2分の計5分行いました。

ハンバーグ作りは焼く前は熱をなるべく加えないことが大事と知り、玉ねぎのみじん切りもレンジでチンしてから粗熱を取ります。

中には氷水に手を入れて、手を冷やしてからこねる人もいるそうですが、流石にそこまではやりません。

玉ねぎの粗熱を取っている間、庶民の味方、業務用スーパーに買い出しです。

牛豚合い挽き肉

牛豚合い挽き肉

オーストラリア産ですが100g89円なんて安くないですか?

結局、2パックで合計約1.3kgの合い挽き肉です。

いつか和牛100%のハンバーグ作ってみたいですね。

デカ盛りハンバーグですから、質より量、大きいの作ります(笑)

あまりに多かったら、保存してハンバーグが食べたくなった時に食べればよいですからね。

卵と塩コショウは家にあったので、今回は購入なしです。

今回は男の料理なので、簡単に美味しいハンバーグを作っていきたいと思います。

ハンバーグソースと香辛料

ハンバーグソースと香辛料

ナツメグを香辛料と呼んでいいのかは分かりませんが購入してきました。

ハンバーグソースとしては、デミグラスソースも販売しておりましたが、今回はハッシュドビーフのレトルトを使います。

ハンバーグを焼いた後の肉汁をからめて作るとか、面倒なことはやりません。

我が家ではハンバーグソースはデミグラスソースより、レトルトのハヤシライスとか、ハッシュドビーフとか、ビーフシチューなどを使う事が多いです。

和風にしたかったら、焼き肉のおろしタレで十分です。

牛豚合い挽き肉仕込み

牛豚合い挽き肉仕込み

ハンバーグ作りのレシピを調べていくとネット情報では具材を全部入れて混ぜるより、先に挽き肉だけでこねておくと良いとありました。

約1.3kgの牛豚合い挽き肉をボールに入れてこねました。

あまりこねない方が良いとの情報もありましたが、今回は単品でこねてみました。

そして玉ねぎみじん切りと合い挽き肉は別々に冷蔵庫でしばし保管です。

この保存に意味はありません、合い挽き肉を温めないで仕込みをすると良いとあったので、冷やしているだけです。

ハンバーグ成形

ハンバーグ成形

冷蔵庫に入れておいた、少しこねた合い挽き肉と冷やした玉ねぎみじん切りを合わせて、ナツメグ、塩コショウを入れこねます。

手を使わないで菜箸でやると熱が伝わらなくて良いとありましたので、試してみましたが量が多すぎて無理でした。

手袋をしてこねます。

そして出来上がったのが大きなハンバーグ4個です。

厚すぎると焼くのが大変で、2cm位が丁度良い、真ん中にくぼみを作ると良いとありましたが、3cmちょい位になってしまいました。

焼く時に2cmほどにしようかと思います。

ということで夜に食べるまで冷蔵庫に入れておきます。

スポンサーリンク

デカ盛りハンバーグ焼きます。

デカ盛りハンバーグ焼きます。

ハンバーグの焼き方もいろいろ調べてみると、いろいろあり、はじめ強火で表面を焦がして肉汁を閉じ込めて焼いていくという焼き方が一番だと今まで思っていました。

表面焼いたら、フライパンに蓋をして蒸し焼きにするという焼き方です。

ですがハンバーグを成形の時、しっかりやると弱火が中火で時間をかけて焼く方が良いという事で、今回は弱火でじっくり焼いてみたいと思います。

今回のハンバーグはデカ盛りハンバーグということで、中までちゃんと火を通すのは結構難しいのではと普通に思います。

最後はレンジで仕上げてしまいました。

デカ盛りハンバーグ焼き上がり

デカ盛りハンバーグ焼き上がり

美味しそうに出来上がりました、今回、クッキングシートをひいてゆっくり弱火で焼いて、目玉焼きを乗せました。

デカ盛りハンバーグなので厚さ3~4cmくらいあったので、安全のため最後はレンジでチンしました。

大きすぎて割れたりしましたが、味は美味しかったです。

家族の評判も上々でした、はじめて作ったハンバーグでしたが、次回は普通の大きさのハンバーグを作ろうと思います。

デカ盛りハンバーグよりも普通の大きさのハンバーグなら上手に焼けると思いますので、息子の男の子2人は2つでも3つでも食べればよいのですからね。

今回の教訓

ハンバーグは普通の大きさで数多く作ればよいかと思います。

つなぎは卵だけだったので、肉の旨味がぎっしりで家族全員美味しいと、はじめてのハンバーグ作りに合格を頂きました。

仕込みから一日かけて作りましたので、時間のある時にまた作ってみようと思います。

安くできた割に美味しいハンバーグでした。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!