つゆだく牛丼が簡単に作れる話題の方法

つゆだく牛丼が簡単に作れる話題の方法

よく出ている話題の牛丼が作れる方法は、「牛肉ダシダ」を使うと思いますが、今回は業務スーパー「牛肉だしの素」を使ってみました。

小さいサイズ(100g)の袋は88円で販売されています。
※2021年2月25日現在

動画も撮影しました。


※よろしかったらチャンネル登録お願い致します。

出来上がりにつゆを足さなくても、お玉で盛り付けると、自然につゆだくになっています。

足りない方は追加でつゆを入れるとよいです。

つゆが要らない方は、穴の空いたお玉を使うとよいです。

牛肉と玉ねぎで牛丼が簡単にできる

牛肉はアメリカ産を使います。

吉野家さんがアメリカ産牛肉にこだわっている理由がわかるような気がします。

オーストラリア産牛肉でもカナダ産牛肉でも作りましたが、何か違う。

牛丼としては美味しく頂けますが、吉野家さん風にするには、アメリカ産牛バラ肉がマストのような気がします。
※最近ではカナダ産も使っているみたいです。

我が家で牛丼作るならアメリカ産牛肉を使います。

玉ねぎの食感も好みがあると思います。

まだ固さの残っている玉ねぎが好きな方、くたくたに煮込まれて甘くなっている玉ねぎが好きな方、生に近いシャキシャキ感が好きな方がいると思います。

お好みでレンチンの時間を変えたり、食べる直前に煮込んだりと、いくらでも調整はできます。

今回は簡単に調味料を入れ、牛肉を入れ、レンチンした玉ねぎを入れ、一晩冷蔵庫で保管し、次の日に食べるという簡単に牛丼が作れるという方法でした。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!