猫がいびきグーグーで寝たり寝言する時は

猫も人間のように、いびきをかいたり寝言入ったりするんですよね。

我が家の愛猫も寝言はよく言ってピクッと動いたりしてますが、いびきはまだ聞いた事ありません。

そんな猫のいびきや寝言の原因を調べてみました。

スポンサーリンク

猫のグーグーいびきの原因

人間のいびきは空気の通り道である上気道が、主に肥満からの人が多いのですが、何らかの原因によって狭くなり、グーグーガーガー音を発します。

猫の場合は鼻腔内が何らかの原因によって狭くなることで、人間同様いびきをかくそうです。

一番の原因として、人間も同じですが肥満であり、病気や外的要因、猫種によってもいびきをかくようになる場合があります。

最近はペットフードも美味しいものが多く(多分ですが)肥満猫も増えています。

可愛くて愛しくて美味しいペットフードばかり食べさすのはダメということで、適度な運動と食事制限が必要なのは人間と一緒です。

我が家では妻が徹底して食事管理をしていますので、愛猫も肥満にはなっていませんが、私(サイト管理人)は肥満で治療しています。

スポンサーリンク

注意しなければいけない猫のいびき

太ってもかわいい猫もたくさんいると思いますが、そんな猫のいびきの中で注意しなければいけない、いびきもあるそうです。

病気によるいびきで、猫風邪といわれるカリシウィルスやヘルペスウィルスなどの症状により、まぁ鼻水やくしゃみが出る病気ですが、こじらすと悪化したり慢性的な炎症、鼻詰まりを起こり鼻腔が狭くなったり、鼻水が固まって詰まり、いびきをかくようになります。

猫風邪だからといって軽く考えないで、風邪だから命に関わるほどではないと思いがちですが、猫は通常鼻呼吸で、口では呼吸をしないのです。

猫にとって鼻詰まりは非常に苦しいものなので治療が必要なのです。

人間同様、呼吸をして生きているので、深刻な病気になる前に治療が必要ということです。

起きている時に息苦しそうにしているのであれば、病院に連れて行ってあげてください。

外的要因による猫のいびき

外的要因といえば猫の生活環境によるものですね、例えば飼い主さんが喫煙者だったりしたら、猫だって受動喫煙の被害にあいますし、人間よりカラダの小さい猫の方がタバコの煙の影響は強いものと考えられますし、花粉やハウスダストなどの影響も考えられます。

猫だからこそ鼻の粘膜は大事にしてあげないといけませんね。

猫のいびきの動画

人気のあるユーチューバーさんの動画だと思います、13万回以上再生されています。

いびきの音が笑えます、でもかわいい。

出典:NyanTomo

次はオヤジ化した猫?

オヤジのようないびきです(笑)

出典:バンザイ猫チャンネル

このへんで最後にします。

半目が開いているような、でも間違いなく熟睡してます(笑)

出典:Chamonix4808

猫が寝言する時

猫の平均睡眠時間は16時間と言われておりますが、我が家の愛猫はもっと寝てるような気がします(笑)

正確には日によって違いがあり、活動的な日もあれば、一日中寝てるような日もあるのかと思います。

そんな長時間寝ている猫ですが、本能的に外敵から身を守るためにレム睡眠状態で寝ているといわれます。

よく寝ている時にピクッピクッと動いたりしているのは、レム睡眠状態で、脳はあまり眠っていないため、小さな物音でも目を覚まします。

猫も深い眠りのノンレム状態で寝ている時間はとても少ないそうです。

猫が寝ている時に「寝言」を言うのはレム睡眠の時で、人間同様、夢を見ているそうです。

猫も夢では戦ったり、怖い思いをして逃げたりが多いと言いますので、ピクッと動いてしまうのでしょうね。

我が家の愛猫も寝言はよく言いますので、きっと夢の中ではゴキブリの退治が成功しているのでしょう(笑)

スポンサーリンク
error: Content is protected !!