Weberグリル ジャンボジョーの使い方は口コミで新発見

Weberグリルをはじめて購入するならこれ!というぐらいおススメな商品です。

Weberグリルでしか出すことの出来ない芳醇な香りと味わいが堪能でき、半世紀以上を掛けて洗練された球状フォルムは、その材質と機能で本格的なBBQを楽しむことが出来ます。

一度、Weberグリルを知ったらやみつきになり危険です(笑)

⇒ Weberグリル 蓋付き ジャンボジョー 直径47cm 高さ50cm (6-8人用)日本正規品 10年保証あり。

※AmazonのリアルタイムWeberグリル詳細ページにジャンプします。

スポンサーリンク

Weberグリルの残念な口コミを見てから購入で後悔なし

Weberグリルを購入してから後悔しないために、アナタ様の使い方に合っているグリルなのか、残念な口コミを確認してからからの購入が失敗をしない購入の仕方です。

使い勝手の合うWeberグリルは長く愛用できますし、「購入してよかった!」とあらためて思うことができます。

そのためあまり意味のない、発送上で起きた残念な口コミは掲載しませんのでご了承ください。

メーカー公式サイトなど、良い口コミが目立つ掲載は意味がありませんので、中立的なショップ、Amazon、楽天の口コミを参考にしております。

ここまで書いていまさらですが、このWeberグリルを使った方からの残念な口コミが本当にありません。

しいてあげれば、蓋のネジが緩んで、ナットが無くなってしまい、ナットを探したがアメリカンサイズのナットがホームセンターなどでも販売されてなくて購入できませんでした。

と、あり、アメリカンサイズのナットを入手するのが困難ということでした。

スポンサーリンク

Weberグリルを購入した方のリアルな口コミ

Weberグリルを使った方の良い口コミも、少しでも残念な口コミも購入の参考になりますので掲載します。

口コミの出典先はAmazonになります。

文章は意味合いを変えないで分かりやすく編集しています。

※使用している写真はイメージです。

ジューシーに焼けるWeberグリルはもう手放せません。

ジューシーに焼けるWeberグリルはもう手放せません。

BBQをしたいけど、後片付けが面倒だし、でもBBQをしたくてという矛盾の中、BBQコンロを探していました。

蓋付きのグリルで、火も通りやすく、野菜が美味しいなど、多くの口コミを拝見しずっと気になっていました。

そんな時にアメリカ出張があり、シカゴへ行ったのでWeberグリルのレストランでお肉料理を堪能しました。

シカゴですがアメリカの住宅のベランダを見ると本当に沢山のWeberグリルが並んでおり、Weberグリルへの憧れがさらに膨らみ、帰国後に即購入でしたが、我が家には庭がないので持ち運びの楽なこちらのWeberグリルにしました。

2回使用しましたが結果満足で、BBQを楽しく楽にするのには、道具が大切で、使用後の網はグリル用の取っ手のついたたわしで洗えば意外に楽にキレイになりました。

ホーローの黒い部分は次回分解して洗剤で洗ってキレイにしようかなと思います。

消火の時は蓋の穴と底の穴を閉じれば、炭火も自然に消えますし、物が良いので大事に使いたいと思います。

先日、BBQのお誘いがあり、蓋無しのBBQグリルで海老を焼いて食べたのですが、パサつきを感じ、やはりジューシーに焼けるWeberグリルはもう手放せません。

質感、つくり、ともに満足できるものです。

質感、つくり、ともに満足できるものです。

今まで使っていたコールマン製の球体スモーカーグリルが長年の酷使でついに脚が腐食して折れてしまい、新たなスモーカーグリルを購入するということでWeberグリル ジャンボジョー 直径47cmを購入しました。

お値段もそこそこしますが、つくりは非常にしっかりしており、グリル部分がかなり大きいので魚の開きを燻製にするときも余裕でいけます。

大きいグリルなので置き場所には少し困りましたが、商品自体は質感、つくり、ともに満足できるものです。

シンプルながらよく考えられた実用性。

シンプルながらよく考えられた実用性

自家製ベーコンやプルドポークを作ったりするのにずっとWeberグリル購入をするかどうか、迷っていたのですが、ついに思い切って購入しました。

テキサスBBQスタイルに挑戦するのに一番安価でWeberを使ったレシピ本もたくさん出ていることもありWeberグリルを選びましたが、思っていた以上にシンプルながらよく考えられた実用性と家でもキャンプでも使用しやすいサイズなので気に入っています。

野菜も一般的なグリルで焼くより美味しかったです。

野菜も一般的なグリルで焼くより美味しかったです。

このWeberグリルを購入する前はスモーキージョーを持っていましたが、サイズが小さかったのでこのWeberグリルに買い替えました。

組み立ては簡単で、得意な方は10分も掛からないと思います。

持ち運びには車が必須で、荷室が十分広い車の方がよく、一度組み立てた後はそのままで、バラすこともできますがネジなど細かいパーツがあるので、できれば避けた方が賢明です。

お肉は日本の焼肉屋さんで提供されるスライスされたお肉ではなく、ブロックか厚切りのステーキ状にしてじっくり焼いて食べた方が美味しいです。

大きな蓋があるのでオーブンと同じ環境を作ることができるので、野菜も一般的なグリルで焼くより美味しかったです。

蓋とグリル本体下部に空気調整窓があるので、火加減調整もらくらくで、もう一般的なグリルには戻れません。

ローストビーフは最高で、炭火の遠火で約2~3時間で出来ます。

ローストビーフは最高で、炭火の遠火で約2~3時間で出来ます。

ローストビーフやピザを作りたくてWeberグリルジャンボジョーを購入で、動画でたくさん紹介されているのでとても参考になるし、中でもローストビーフは最高で、炭火の遠火で約2~3時間で出来ますし、食べてみると噛むほどに口の中でスモークが広がり、信じられないほど美味しくできます。

このローストビーフを食べたら、もう、余程の事がない限りローストビーフを購入して食べることはないと思います。

ベーコンも炭火と薪の遠火で、美味しくできましたし、それまでは市販の小さな燻製機でベーコンを作っていましたが、この大きさでやると、多少の熱でも肉が焼けることなく、じんわりと安定した火を通しながら燻すことができるので、味が格別で、これからWeberグリルを購入するならジャンボジョーがおススメです。

ピザは火の通し方に苦戦しており、動画でネタを見ながら研究中で、これもひとつの楽しみであり、ハンバーガーにも挑戦したいし、バーベキューやキャンプで大活躍しており、これからも活躍の幅を広げていく予定です。

⇒ Weberグリル 蓋付き ジャンボジョー 直径47cm 高さ50cm (6-8人用)日本正規品 10年保証あり。

※AmazonのリアルタイムWeberグリル詳細ページにジャンプします。

家庭用では最強かつ便利なグリルです。

家庭用では最強かつ便利なグリルです。

Weberグリル ジャンボジョーをバーベキューグリルとしてはじめて購入で、七輪よりふた回りくらいでかいし、炭も相応に使うけど、足付きの本格的なグリルと比べて持ち運びが簡単で塊肉などをじっくり焼くのに適していると思います。

網目が大きいので薄い野菜や肉を焼くのには向いていないですが、百均で焼き網を購入し、重ねて使えば済む話ですし、大きな塊肉を焼くには付属の網が適しているし、火力調整をするのに蓋から空気の出入りを調整するだけで簡単に調整できますし、七輪焼肉から移った個人的には画期的なことでした。

使用してから1年近く経ちますが、燻製もできるし、庭でバーベキューをする人には、押さえておきたいバーベキューグリルです。

6人のバーベキューで使用しました。

6人のバーベキューで使用しました。

Weberグリル ジャンボジョーを6人のバーベキューで使用しましたが、ちょうど良い大きさで満足でした。

kingsfordの豆炭を使用しましたが、火力調整しやすかったことと、灰がキレイに受け皿に落ちて、片付けも今までのバーベキューグリルと比較して楽チンでした。

風があっても影響をうけないし、蓋をしての関節焼きも楽しめるし、kingsfortの豆炭との相性はさすがです。

使用後にネジ留めしたところがグラグラしていたので、マメなメンテは必要かも知れないです。

日本式BBQとはひと味違うBBQを楽しむことができました。

日本式BBQとはひと味違うBBQを楽しむことができました。

アメリカンスタイルのBBQをやりたくてWeberグリル ジャンボジョーを購入で、ワンサイズ小さいスモーキージョーと悩みましたが、我が家の場合4~7人のこのサイズで大丈夫でした。

チャコールブリケットの量、上下の通気口の使い方、炭の継ぎ足し等、不慣れでまだまだ未熟ですが、日本式BBQとはひと味違うBBQを楽しむことができました。

何度か使ってみて気がついたことは、テーブルに乗せて使用することになりますが、作業場所、蓋置き場などで結構広いスペースが必要になります。

リブラックを立てて焼こうとすると蓋の内側に当たるし、ビア缶チキンは下段の炭受け金網に乗せても若鶏の小さいサイズしか入らないし、受け皿に落とす時、受け皿から捨てる時など灰の処理が面倒です。

結果的に外に持ち出すならジャンボジョーだと思いますが、庭でBBQするなら脚付き、深型、灰受け付きのワンタッチオリジナルケトルプレミアムが欲しくなります。

スポンサーリンク

Weberグリル ジャンボジョーを使った方の良い口コミまとめ

Weberグリル ジャンボジョーを使った方の良い口コミまとめ

  • 今まではスモーキージョーゴールドを使用していましたが、Weberグリルジャンボジョーの方が温度が安定しますし、持ち運びも邪魔に感じる事はありませんので、はじめてWeberグリルを購入するならジャンボジョーかと思います。
  • 網目の間隔があるので肉や野菜が落ちやすいですが、百均の網を上に敷いて焼けば問題なく、ステーキぐらいの肉なら全く問題なしですし、メンテをすればずっと使っていけそうで大変満足しています。
  • 大きなWeberグリル22.5インチも持っていますが、家族でのBBQにはこのWeberグリル ジャンボジョーで十分で、4人くらいでの使用が丁度よいです。
  • Pizzaストーンなどと組み合わせることで、工夫さえすれば美味しく石窯仕上げ並みのPizzaも焼けますし、分厚いステーキやチキン、スペリブなどもばっちりで、食材から脂が落ちやすい時は、火入れ前に下部吸気口以外の箇所をアルミホイルでカバーしておくと使用後の掃除も楽チンです。
  • Weberグリルの中でもコンパクトかつ焼き面の広さがあるジャンボジョーはBBQに持参もでき、蓋のおかげで普通なら大炎上してしまうお肉でも燃えずにキレイに焼けることに気付き感動しましたし、特に野菜も真っ黒にならずに火が通るので女性にも喜ばれるし、今までにやったことがない豪快レシピにも挑戦できるかなりおススメなグリルです。

Weberグリル ジャンボジョーを使った方の残念な口コミまとめ

Weberグリル ジャンボジョーを使った方の残念な口コミまとめ

  • Weberグリルを使った方の口コミをすべて読みましたが、残念といえる口コミはネジがゆるんだ事と、ネジを無くしたらアメリカンサイズのネジで入手が困難であったことぐらいでした。
  • 残念な口コミが見つからないWeberグリル ジャンボジョーですが、使用する用途を間違えないで購入すれば必然かと思います。
  • Weberグリルを何個も持っている方でも、このジャンボジョーは使い勝手が良いと口コミされています。

Weberグリル ジャンボジョー購入先

Weberグリル ジャンボジョーの購入は10年保証ありのAmazonでの購入がおススメです。

食べる量にもよりますが、商品詳細で6~8人用とありますが、4人くらいが丁度良いという口コミもあり、その辺も考慮に入れての購入が良いかと思います。

⇒ Weberグリル 蓋付き ジャンボジョー 直径47cm 高さ50cm (6-8人用)日本正規品 10年保証あり。

※AmazonのリアルタイムWeberグリル詳細ページにジャンプします。

Weberグリル ジャンボジョーの特徴

Weberグリル ジャンボジョーの特徴

  • コンベクション グリルにより味と香りが凝縮されます。
  • 蓋がついていることで、食材の底・真ん中・上に均一に火が通り生焼け防止になります。
  • 大型でありながらポータブルサイズで持ち運び可能で、ダイレクト・インダイレクトクッキングで小さい食材から大きな食材まで簡単に調理可能です。
  • 鋳鉄の焼き網でプロ並みの焼き色や焼き目がつき食欲をそそります。
  • ワンタッチクリーニングシステムで、グリル内下部に設置された3枚羽で、灰をグリルの外に落とし、通気をよりよくし炭の火力を持続させBBQを楽しむことができます。

Weberグリル ジャンボジョーの仕様

  • 製品型番 1211008
  • 色 黒、シルバー
  • サイズ 約幅50×奥行52×高さ50cm
  • 素材 スチール(ホウロウ加工)
  • 商品重量 8.26 Kg
  • 梱包サイズ 52 x 50 x 50 cm
スポンサーリンク
error: Content is protected !!