夏に食べる鍋でおすすめな食材はズバリ

暑い夏、食欲が落ちていませんか。

暑い時には熱々の鍋が意外にもおすすめです。

スポンサーリンク

夏に食べる鍋でおすすめな食材は

夏に食べる鍋でおすすめな食材は

暑さで食欲がない夏には、意外にも熱々の鍋がおすすめです。

その暑い夏に食べる鍋の中でもおすすめな食材がズバリ「しょうが」です。

気温が暑いのと、体内が熱いのとでは意味合いが違い、体温が上がるだけで健康になるという本も沢山あります。

参考にAmazon ⇒ 体温が上げると健康になるという本いろいろ
※Amazonの本(体温 上げる)のページにジャンプします。

夏に食べる鍋ということで、生姜入りの鍋はとってもおすすめなのです。

生姜の入った料理を食べたり、生姜の入った飲み物を飲むとカラダの中からぽかぽかと温かくなりますね。

昔から生姜にはカラダを温める効能があり、血行がよくなることが知られておりますし、日本だけでなく海外でも「ジンジャー」として料理や飲み物に使われております。

鍋の味には好みがあるので指定はしませんが「しょうが 鍋」で検索すると沢山の生姜の入った鍋のレシピが閲覧できます。

お子さんがいて、生姜の味を前面に出してしまうと食べれない場合もありますので、少しずつ鍋に入れる量を増やしていけばよいかと思います。

スポンサーリンク

夏に食べる鍋には生姜を!

夏に食べる鍋には生姜を!

ここでは生姜の効能がどうだ、こうだということは記載しませんが、生姜に熱を加えると含まれる成分ジンゲロールがショウガオールに変化し、より体の中心から温める効果ありますので、日中、エアコンの効いた部屋で仕事をしているなど冷えが気になる方は生姜に熱を加えた生姜入り鍋がおすすめなのです。

生姜は鍋に入れるだけでなく、ラーメンに入れたり、うどん、そば、我が家では餃子の具材にも沢山生姜を入れて焼いて熱を加えて食べます。

夏の暑い時に、生姜入り鍋を食べて、気持ちの良い汗をかきましょう。

スポンサーリンク

夏に食べる鍋で汗をかくということは

夏に食べる鍋で汗をかくということは

暑い夏だからこそ鍋を食べて汗をかきたいものです。

発汗には体温を調節する作用があり、私達のカラダは体温を一定に保つために血管が開いたりしていますが、血管が開いただけでは体温の調整ができなくなり危険と感じたら発汗し、汗は蒸発する時に熱を奪って気化して体温を下げていきます。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、一生を通して使われるエクリン腺に対して、アポクリン腺は思春期から40代半ばくらいのあたりに活動します。

ここで大事なのはエクリン腺から出る汗のことで、汗腺の数は幼少期にほぼ決定しますので、汗っかきの人、汗をあまりかかない人といますが、生姜の効能を得て、生姜鍋で汗をかきましょうということです。

エアコンが当たり前に普及している現代では、自律神経も乱れまくり、体温調節も上手くできない人が存在します。

単純に暑いから汗をかくという行為ですが、新陳代謝やデトックスの意味もあり、気持ちの良い汗は沢山かきたいものです。

暑い夏だからこそ鍋を食べて汗をかきましょうということで、生姜を入れた生姜鍋は、特に夏に食べたいものです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!