オールインパスタ 完全食の評判はどうなんでしょう?

朝ドラ「まんぷく」モデルのあの会社が、画期的な食品オールインパスタを発売しておりました。

栄養素をバランスよく摂りたいけど、サプリメントに頼るのは嫌という人には非常にありがたい食品であり、オールインパスタを1食食べるだけでビタミン、ミネラルなど栄養素が摂れるというものです。

スポンサーリンク

オールインパスタが完全食とは

オールインパスタが完全食とは

朝ドラまんぷくのモデルとなった、安藤百福さんが創業した日清食品さんがなんと、インスタントラーメンを発明してから約60年経つ現在、1食で一日に必要な栄養素が、なんと3分の1も摂れるオールインパスタを販売しております。

同じ野菜でも、昔の野菜と今の野菜では栄養素の含有率は違うということは、健康を気にする方なら知っていると思いますが、食べ物が不足している昔の栄養失調と、現在の栄養バランスが悪い新型栄養失調はそもそもの根源が違うということです。

私達消費者が栄養素があるものより、見た目がキレイな野菜や食べ物を選んで食することで、見た目重視的な食べ物が増えたからかも知れません。

だからサプリメントなどで不足した栄養素を補えばよいのかも知れませんが、自分が何の栄養素が不足しているなんて正確に把握している人はどれぐらいいるのだろう?

やはり栄養素は食事から摂りたいと思うのが、多くの人の本心であると考えられます。

発表では厚生労働省がガイドラインとして必要とする栄養素の摂取量、1日に必要なすべてのビタミン、ミネラルの3分の1が、1食の麺の中に入っているのがオールインパスタということです。
麺だけの購入もでき、栄養ホールドプレス製法という製法で商品化までに約1年かかり、試作は300回以上行い、朝ドラまんぷくさながらの商品開発です。
説明すると麺の中心部にビタミン、ミネラルの栄養素を閉じ込め、味や食感を生み出す小麦ベースの外装で覆っており、茹でても栄養素が抜けにくい構造であり、酸化や劣化も防げ、美味しく食べられるという利点があります。

スポンサーリンク

オールインパスタを購入するには

オールインパスタはこの記事を執筆中は、まだ日清グループのオンラインストアとLOHACOで販売されています。

LOHACOはヤフーショッピングにも出店しておりますので、ヤフーショッピングの検索窓に「オールインパスタ」と打ち込んで検索すれば購入できます。

湯切りして作るなど、調理方法はインスタント焼きそばに似ていますので忙しいビジネスマンや昼食に需要がありそうですので、やはりコンビニやスーパーなど簡単に購入できる場所が必要と思われます。

その点は大手日清食品さんですから、次の販売先の計画は進んでいるかと思います。

スポンサーリンク

オールインパスタの種類

この記事を執筆中は、味は麺とソースがセットになった粗挽き牛肉のコクと旨みの濃厚ボロネーゼと、国産バジルを贅沢に使った香りとコクのジェノベーゼ、完熟トマトに唐辛子をきかせたスパイシーアラビアータの3種類あり、栄養素は栄養ホールドプレス製法という新技術で麺の中に封じ込められておりますので、麺だけの販売もされております。

麺だけ購入してソースは自分で作る、または別のソースと組み合わせるなどアレンジも工夫次第ではいろいろ楽しめたうえで、栄養素も補給できているという優れものです。

価格以上の価値が認められれば、爆発的に売れると思いますので、今後の展開に注目です。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!